ゼニカルの飲み方と注意点

ゼニカルは1回1錠!食後30分から1時間に飲む

ゼニカルには添付文書が必ず同封されているので、添付文書に書かれていることを守って服用しましょう。添付文書には、注意事項などが細かく書かれていて、しっかりと目を通す必要があります。

ゼニカルは、たくさん飲んでも体重減少が早くなるわけではありません。用量は1回に1錠と決められています。1度飲み忘れたからといって、まとめて2錠飲んではいけません。

ゼニカルは食後30分後から1時間後に服用しましょう。食事から2時間以上経過した場合は、効果が薄くなるので注意が必要です。飲める回数も1日に3錠と決まっており、朝、昼、夜の食後の3回だけです。飲んでからすぐに効果があるわけではなく、最低でも2時間はかかります。

次の薬を飲む間隔として、2時間は空けるようにして下さい。また、食後すぐに飲むと、効果はしっかりと発揮されません。脂質がまだ食後すぐには吸収されていないためです。

正しい服用方法を守らないと、効果が出ないだけではなく、思わぬ健康トラブルの原因となります。用量と用法をしっかり守って、身体に吸収される脂質を排出しましょう。

ゼニカルを飲み忘れたら

ゼニカルを飲み忘れたからといって、次の服用タイミングで2錠まとめて飲むのは避けましょう。薬を1度に多く飲むと、効果が効きすぎてお腹の調子が悪くなるなど、強い副作用が起こる可能性があります。

元々ゼニカルは、脂質を便と一緒に排出するために、服用後は軟便や便秘になりがちです。ただでさえお腹を緩くさせてしまう可能性が高いのに、1錠以上飲んでしまうと、その症状はさらにひどくなってしまいます。

たくさん飲んだからと言ってより効果が出るわけでもありません。飲み忘れてから経過した時間が1時間以内だった場合、気づいた時点で飲めば問題ありません。それ以上経っている場合は、その時間は服用をあきらめ、次の食後の時間で1錠取るようにしましょう。

このとき、1度に2錠飲まないように注意しましょう。ゼニカルは、食事を摂った時の脂質を体内に吸収されないようにする薬です。1回ぐらい忘れても問題ありません。食後1時間以内でしたら飲み忘れたとしてもすぐに飲めば問題ないので、落ち着いて対処しましょう。

ゼニカルは食事中や食後1時間以内に飲む

肥満を効率的に改善できるゼニカルは、いつどのタイミングで飲むと効果的なのか、気になるところです。ゼニカルのメーカーによれば、食事中に飲むか、食後1時間以内のタイミングで服用するのが効果的とされます。

ゼニカルは1日3回、3錠までの服用が可能です。そのため、毎食時に飲むとよいでしょう。食事中に飲むか、食後に飲むか、これは自由に選んで構いません。自分が飲みやすいタイミングで飲みましょう。

必ず食事中に飲まなければいけない、という決まりはありません。食後に飲む場合、1時間以内に飲みましょう。1日の食事の回数が多い人は、食事量の多いときを優先して飲むとよいでしょう。

逆に、食事の回数が少なかったり、食べられなくて抜いてしまった場合は、ゼニカルを服用しなくても問題ありません。ゼニカルは、食事に含まれる脂の吸収を抑える薬なので、食べなければ服用する必要はありません。

このように、薬を効果的に飲みたいのであれば、メーカーが推奨する方法に従って、用法用量を守るのが基本です。

ゼニカルを飲むときのタイミングや用量

ゼニカルを飲むタイミングは、食事中か食後1時間以内です。薬の容量は120mgで、1回1錠が原則です。水またはぬるま湯で飲みましょう。水やぬるま湯で飲む理由は、ゼニカルの吸収を妨げる心配がなく、反対に吸収を促進させてしまう恐れもないからです。

飲むタイミングは、食後1時間以内であれば、好きなときに飲んでも問題ありません。ただし、飲み忘れたからといって、後でまとめて服用するのは避けましょう。錠剤を1度に多く飲むと、副作用が強くなる恐れがあります。

また、飲み物によって効果に影響が出る可能性があるので、注意が必要です。お茶やノンカフェインのコーヒーであれば問題ありません。用意できる飲み物が限られるのであれば、ジュース類を水代わりにして飲むこともできるでしょう。

ただし、グレープフルーツの果汁が入った飲みのは避けましょう。グレープフルーツに含まれている成分は、薬の副作用が起こる可能性を高めます。薬の用量は、効果と安全性において重要ですから、飲み過ぎないように気をつけて、1回1錠1日3錠までを守ることが必要です。